畠山建築

一般住宅・別荘

建築綜合元請け 畠山建築 浪漫住宅 畠山 信彦 大工(一級技能士) 〒384-1103 長野県南佐久郡小海町4103-2 Tel&Fax.0267-93-2595

一般住宅・別荘 改築・リハウス オリジナル家具・収納 建築製材

一般住宅・別荘 戻る

小海町開発公社・貸別荘「りんどう」新築工事
竣工:平成28年7月29日、建築平米:81.98平米

・外観横/屋根は大屋根なので雨漏りの心配がありません。
・玄関正面/外壁にも板を張りモダンに仕上げました。
・ベランダ/広いベランダで中から外に出やすいようにしました。
・リビング/床材にパイン材フシありで仕上げ、「木」本来の姿を演出しましたので
 飽きがこない内観です。壁に板を張りログハウス調にしました。
・キッチン/白を基調にして清潔感を大切にしました。
・畳部屋/建具を引込にして開放感のある部屋にしました。

※松原湖高原の貸別荘「りんどう」の情報は下記のURLでお問い合わせ下さい。
http://www.matsubarako-kogen.jp/?page_id=106



小海町S様邸新築工事(平成27年11月竣工)2階建=46.12坪

・小上りの和室は 欄間を入れて和室らしさを感じられるように仕上げました。
・リビングダイニングの天井に障子を組み込み和調に仕上げました。
・ケヤキの1枚板を壁にしてくり抜いたところに飾り棚にしました。
・対面キッチンで対面テーブル奥のガスコンロを囲うものを硝子にしすっきり
 見渡せるようにしました。
・トイレはオリジナルキャビネットを造り設置。



長野小海町・別荘新築工事(2012年5月竣工)木造平屋建=118平米

片流れの屋根にして表に部屋を並べ、どの部屋も明るさを一番に考えました。
アクセントでアールの部屋をつくりました。木造平屋の片屋根造り。
屋根はカラー鉄板葺。外壁は防火サイディング貼り、
表4ヶ所にシャッターをつけ戸締りを簡単にしました。
1/リビングダイニング:左の高窓から光が中廊下まで入るようにガラス格子に。
2/対面式のキッチン:長さ2700mmでゆったり使えます。収納もたっぷりできます。
3/キッチンカウンター:流しの桧のカウンター片面に角に丸みをもたせ柔らかい仕上。
4/出窓:アールの部屋。窓をたくさんつけて周りの景色が見えるようにしました。
5/化粧付け梁にシラカバを製材して原木の形そのままを使いました。
木の家らしさとこの形がなんとも良いのです。
6/松の大梁(W120×H360?)と松の節天井。パイン化粧板の節とで癒し感たっぷり。
7/和室:腰に杉板、縦貼りにしてアクセントをつけました。
8/手洗いカウンター:トイレ手洗いカウンターを手作りで物を置けて便利。
9/バスルーム:1.5坪。ゆったりとしたユニットバスにしました。
10/天窓:高窓からの光が部屋を通り中廊下までも明るくしてくれます。
11/トイレ:1坪とりました。手洗いカウンターをつけてもゆったり。



長野小海町・T邸新築工事(2011年1月竣工)2階建=合計36.38坪

・吹き抜け廻りの化粧梁の大きさ、それを支える5寸角の柱
・2階から1階の洗濯機横に衣類を落とせる便利なシュート
・階段につけた引き出しや床下収納、屋根裏などにも細かい収納を工夫
・子供さんの成長に合わせられるように高さを変えられる机
・2階の吹き抜け、壁と手摺りを同じ板壁で仕上げた、拘りの連格子作り
・畳コーナーの上がり框と鴨居を同材板でとり木の形をそのままで使用
・2階の和室は天井が高く感じられるように工夫をこらしています
・大工オリジナル下駄箱・薪ストーブの近くに薪置き場を制作・工夫された照明




長野南牧村・W邸新築工事(2007年10月竣工)平屋建=合計31.5坪

150幅の布基礎でしっかり組みました。掘り炬燵用の立ち上がりもあります。
1.2.3/完成した写真。木の特徴や良さが生かすように心掛けました。梁組みは唐松材を
 使用。大黒柱は10年自然乾燥させてケヤキ・1尺角・柱桧の4寸で立ち上げました。
4/前の家の建具に使われていた組子を採用し思い出を残しました。
5/木枠に桧の板のヒョウタンを形どり、裏に防虫網を張った地窓。
切妻屋根は日本瓦仕上げ、外壁はソフトシリング仕上げとモルタル金コテ仕上げです。




長野南牧村・M邸新築工事(2007年6月竣工)2階建=合計31.6坪

寒い所ですので基礎は掘りを深くし、−15〜18℃にも対応できます。
1/完成した写真。外壁に水に強い唐松材を使用。
2/上棟、杉の通し柱が家を支えます。
3.4/ペットの「クーちゃん」も充分に歩き回れるベランダ。備え付の洗場も付けました。
5/トイレにはオリジナル6角型の壁収納もつけました。
6/通し柱の杉丸太は「しゃぎ繋ぎ」という金具を使わない技法で加工してあります。



image
imageimage
八ヶ岳の麓の「森の家」長野・南佐久群・H邸 2001年10月竣工
●本体工事費=3500万円
●床面積=187.04m2
標高1200mの別荘。新築の相談から3年をかけ、納得まで施主のペースでじっくり時間をかけて準備。家の横にはご夫妻の高原野菜の畑があります。

image 長野県・南牧村・Y邸 2005年2月竣工
●本体工事費=4500万円
●床面積=木造2階建、1階・2階=合計74.15坪
あたたかい家という要望で、外断熱工法でダイライトを張り通気をとり、断熱スタイロホーム30mmを使用。室内も床断熱を使い、快適。部屋も広く、居間は20畳でドーム天井で仕上げました。

image 森の住宅 長野県・南佐久群・I邸
●本体工事費=1500万円
●床面積=28坪、1階鉄筋コンクリート、2階木造
森の中に浮かぶ家、車が地下に入っていくイメージで。大きな窓で日当たりも良く開放的な創りです。

image 長野県・南佐久群・A邸 2000年5月竣工
●本体工事費=2300万円
●床面積=木造2階建、36坪
横に長く奥行きが少ない明るい住宅です。どの部屋にも光が入るように考えました。日当たりはバッチリです。離れはバーベキューが自由に楽しめるように、旧民家をイメージした創りです。

新築や別荘を計画の方、ウッドデッキやオリジナル家具のご相談、設計から施工見積りまで、安心して何でもご相談下さい。

メールでのお問い合わせはこちらから

email
アサブロ